ハイビスカスの育て方 春になったら

| 植え替え | 開花期の管理 |  冬越し | 春になったら |

外に出す時期

春といえば3月? 4月?? いえいえ、あせりは禁物です。
ハイビスカスにとって春とは遅霜の心配がなくなってから。4月終わりから5月始めかな。 とにかく朝の最低気温が10度を下回らなくなった頃です。
冬の間家の中で過ごしたハイビスカスたちを外に出してあげましょう。うちはいつもGWの前半ですね。

※地域によって多少時期が違うかもしれませんが、朝の気温を目安にしてください。

剪定

うちでは冬越しの前、部屋に取り込む時に剪定するので春はしません。
剪定せずに冬越しをした場合はこの時期にしてください。

植え替え

ハイビスカスは成長が早いので2号くらい大きめの鉢、または同じ鉢に植え替えます。
植え替えのページを見てください。

置き場所

南側の風のあたらない場所が理想。雨はあたっていいんですよー。
うちの場合、理想の場所というより、置き場所さえあればそこらじゅうです(爆)。

水遣り

毎朝、水の乾き具合を見てあげてます。あまり土が乾いていない日はあげないこともあります。

追肥

植え替え1ヶ月後くらいからかな、液肥をあげます。

虫対策

こちらも植え替え1ヶ月後くらいからオルトラン粒状まきから始まります。

葉っぱがない!?

冬越しのあいだに葉っぱがぜーんぶ落ちてしまうことがあります。
植え替えの時に根っこのはり具合などよく見てください。
しっとりしめって腐っている?、根っこがぼろぼろちぎれていったいどうなってるの?という時は植え替え中止。 日陰において水やりをひかえて様子をみましょう。
そして新芽がふいてきたなら大丈夫。

変わらずの時は枝の先を切ってみてください。切り口が茶色で乾燥してたらお気の毒ですがダメです。 でもどんどん切っていって、緑が見えたら生きている証拠です! あきらめないで見守ってあげてください。

UP